印刷会社として創業し、制作会社、そして広告会へ:株式会社ちよだ

ちよだのホームページ制作・運用支援サービス

せっかく作ったホームページを活用できていない
ホームページ運用に時間をかけられない
ホームページが思うように役に立ってない
業者に勧められて作ったものの全く集客につながっていない などなど

ちよだのホームページ制作&運用支援サービスでホームページからの
お問合せ、引き合いを増やしませんか?

ちよだの制作するホームページはビジネスモデル構築が基本となります。
クライアント様のビジネスモデルを明確にした上で、制作をすすめることで、
的確なターゲットに適切な価値を伝えるホームページとなります。
ビジネス構築プランはコチラをご覧ください。

ホームページ制作

ホームページプランニング コンテンツ企画 導線設計

ホームページプランニング

ホームページでは閲覧者に適切な導線を用意することが重要です。
お客様の成熟度によって見る順は異なりますが、どういうルートを通ると、お客様に自社のサービスがよく伝わるのかを考えた上で設計していく必要があります。
例えば、トップページを見た方に対し、この会社、サイトで提供できるサービスの概要を伝えます。
意図と違うと感じた方は、その時点でサイトから立ち去ってしまいますが、自分の求めているものと一致した場合は、サービスの詳細を見たいと思うはずです。
トップページからサービスの詳細のページへの移動がスムーズに出来るように「サービス詳細ページ」へのリンクをしっかり見やすいところにおいておきます。
サービスの詳細で気に入って頂けたお客様は、次はどんな会社がこのサービスを提供しているのか、信頼できる会社なのかを確かめます。
ですので、その次に会社概要のページへの誘導となります。
会社概要ページは単に会社情報を掲載するだけでなく、「なぜそのサービスを提供しているのか?」をしっかり明示することが大切です。
その理由に共感し、お客様は行動に移るのです。
また、行動して頂く為にキャンペーンや特典なども非常に有効です。
その他、信頼を得る為に、これまでの実績やお客様の声なども有効なコンテンツとなります。
お客様によってどの段階で購買に繋がる行動に移るかわかりませんので、「問い合わせ」や「申し込み」をどのページからも出来るようにしておきます。
また今は検討段階なので、もう少し情報収集をしたいなどの「そのうち客」をしっかりとフォローする為にも、メルマガなどを発行し定期的に接点を作れるようにしておきましょう。

ホームページデザイン

ホームページデザイン

デザインより前にもっと重要な要素があると書きましたが、 実はデザインもものすごく重要なんです。(当然ですが)
デザインは、見る手がそのサイトを閲覧するかどうかを決める非常に重要な要素なんです。
例えば、和菓子屋さんがホームページを作る際に、『おしゃれな美容室のような雰囲気にしたい!』という要望があったとします。
作れないことはありませんが、お客様が入ってきた瞬間に違和感を感じ、帰ってしまう可能性が高くなります。
その間、実に2秒ぐらいです。
実店舗でも同じですよね。
外観が気になって入って見たものの、中の雰囲気が全く違うと違和感を感じ、お店の奥まで入らないものです。
始めて入るお店は特にそうです。
始めてのことには、一抹の不安を持ちながらトライするものです。
ホームページも例外ではなく、少しの不安を持ちながらも、クリックして来店して頂けるのです。
というように、デザイン、キャッチコピーを含めて、何のサイトなのか?何を提供しているのか?がぱっとひと目で分かる必要があります。
加えて、自分の目的とする情報が探しやすく構成されているサイトづくりが必要です。
ホームセンターで自分の目的のものが見当たらずイライラした経験はありませんか?
ホームセンターが大型化し、端から端まであるくのに相当な距離がありますが、端の方にそれらしい雰囲気の表記のPOP があり、見に行ったが見当たらず、結局、反対側にあった場合は、はっきり言って歩く気力を失うものですね。
同じく、WEBページでもそれらしき項目だと思いクリックした先に目的の情報がなければ、すぐに立ち去ってしまいます。
弊社は長年印刷業務も行なっておりますが、DM などを発送した際、ホームページへの誘導を行う際にはホームページにDM と同デザインのバナーを貼るように提案しています。
DM を受け取った方がホームページへアクセスした時、ぱっとみて自分の欲しい情報のある場所がわかるようにです。
このようにお客様が迷わない、使いやすいサイト構築は不可欠です。
デザインはその大きな要素を担うものです。

ホームページプランニング コンテンツ企画 導線設計

コピーライティング

ホームページに関わらず広告媒体においてのコピーライティングは最も重要な要素の一つでしょう。
他の媒体と違い誰でも書き込めるという性質上、インターネット内のコピーは様々です。
専門的な言葉で、専門的な内容を書いているサイトもあれば、日常会話のように書いている小学生のブログまで幅広くあります。
新聞や雑誌と違い、表現の自由度が断然高いのです。
表現の自由度が高いゆえに、コピーライティングには精度が必要になります。
通常、ホームページではお客様は「まず読まない」という観点が必要です。

どんなマネジメントにも共通して言えることですが、ホームページにおいてもPDCA サイクルを回していく必要があります。
P= 何を目的にホームページを作り、どれくらいの目標を立て、どのように運営していくか?
D= プランに従って実行していく。(ホームページ制作、更新、広告出稿、ブログ更新、メルマガ発行など)
C= ホームページのアクセス状況の確認、動線の確認、広告費用対効果の検証、キーワードの検証、お問い合わせフォームの検証など)
A= 上記の検証に基づいたWEB ページの改善
ホームページ制作、改善の前にヒアリングした内容が正しいのかの検証も含めて行い、改善につなげます。
通常、1~2ヶ月に一回訪問しアクセス状況の報告を行い、その時点で検証を行います。
多くのホームページ制作会社は、ホームページを作ることがゴールであると考えています。
しかしながら、ホームページを作る目的は集客であり、イメージアップ、そして見込み客フォローや販売、ファン化です。
もちろん全てをホームページでカバーすることはできませんが、よりお客様のご要望に沿ったホームページへと改善し続けることが、ホームページでは最も重要です。
広告全般に言えることですが、どのような表現がターゲットに受けるかはやってみなければわかりません。
ホームページの場合はお客様のアクセスの状況や、行動によりお客様の意図を読み解き改善に繋げることが可能です。

インターネット広告について

ホームページが完成したからと言って、すぐにお客様が来てくれるわけではありません。
ホームページの存在を知ってもらう必要があります。
既存のお客様に直接伝える、ターゲットに対してDM を送る、ちらしを撒くなどリアルでの広告を行うことももちろんありますが、
ホームページの場合、インターネットの広告も効果的です。
インターネットで広告をする場合も様々な広告媒体があります。
よく目にされるのは「ディスプレイ広告」と言われる、様々ホームページ内にある、バナー広告が多いと思います。
また、google やyahoo! などで検索をした際に上部や右側に現れるリスティング広告などがお馴染みでしょうか。
google やyahoo! などの検索画面で出てくる広告はPPC 広告とも言われ、クリックに対しての課金という料金体系です。
実際にサイトに来て頂いた方に対してのみ広告費が発生するという、従来の広告では考えられない特殊な料金体系といえます。
クリック課金システムでは、従来の広告以上に、出稿のスキルが求められ、スキルによる費用対効果の差が非常に大きくなります。

SEO

ホームページに来てもらう為にはSEO(検索エンジン最適化)の対策をして検索の上位に表示するのが一番ですが、
キーワードよって高額の費用がかかる上に、施策に時間も要することから、立ち上げやマーケティング開始時には不向きといえます。
また、せっかく特定のキーワードでSEO 対策を施しても、
ターゲットの意図とずれていた場合、もしくはより購買意志の強いキーワードが見つかった場合は再度、費用と時間をかけて対策を施す必要があります。
まず、キーワード広告でターゲットに対して適切なキーワードを探し出し、そのキーワードを基にSEO 対策を施すのが、効率的といえるでしょう。